Pureの文献数とScopusの被引用数に基づいて算出されます
1995 …2023

年別の研究成果

研究者プロファイル

研究・技術テーマ

生体分子活性を計測するバイオセンサーの開発
バイオセンサーを用いた先端計測技術の開発
神経回路形成と再生機構の解析
分解経路に依存した神経細胞の恒常性維持機構の解析

フィンガープリント

Takeshi Nakamuraが活動している研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この研究者の研究成果に基づきます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。
  • 1 類似のプロファイル

過去5年の共同研究と上位研究分野

国/地域レベルにおける最近の外部共同研究。点をクリックして詳細を開くか、または