• 出典: Scopus
  • Pureの文献数とScopusの被引用数に基づいて算出されます
1982 …2019

年別の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

研究者プロファイル

研究・技術テーマ

通風時の流れ特性の解明と予測
高気密住宅の換気性状評価と換気設備の改善
建物内外気流の数値シミュレーション予測
循環系室内における換気効率測定法開発
業務用厨房の適切な換気

フィンガープリント

Takashi Kurabuchiが活動している研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この研究者の研究成果に基づきます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。
  • 1 類似のプロファイル

ネットワーク

国/地域レベルにおける最近の外部共同研究。点をクリックして詳細を開くか、または