• 1996 引用
  • 27 h指数
20022020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

個人プロファイル

研究・技術テーマ

内分泌撹乱化学物質等が生物に与える影響の評価法確立
核内受容体のクローニングと化学物質に対する応答性を評価するためのバイオアッセイ系の確立

フィンガープリント Shinichi Miyagawaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

A newly developed genetic sex marker and its application to understanding chemically induced feminisation in roach (Rutilus rutilus)

Lange, A., Paris, J. R., Gharbi, K., Cézard, T., Miyagawa, S., Iguchi, T., Studholme, D. J. & Tyler, C. R., 1 7 2020, : : Molecular Ecology Resources. 20, 4, p. 1007-1022 16 p.

研究成果: Article

公開
  • Hedgehog signaling for urogenital organogenesis and prostate cancer: An implication for the epithelial–mesenchyme interaction (EMI)

    Hyuga, T., Alcantara, M., Kajioka, D., Haraguchi, R., Suzuki, K., Miyagawa, S., Kojima, Y., Hayashi, Y. & Yamada, G., 1 1 2020, : : International journal of molecular sciences. 21, 1, 58.

    研究成果: Review article

    公開
  • 2 引用 (Scopus)

    Diethylstilbestrol alters the expression of activins in the neonatal mouse ovary in vitro

    Oikawa, S., Kobayashi, S., Miyagawa, S., Iguchi, T. & Sato, T., 1 1 2019, : : In Vivo. 33, 4, p. 1095-1102 8 p.

    研究成果: Article

    公開
  • Mesenchymal actomyosin contractility is required for androgen-driven urethral masculinization in mice

    Acebedo, A. R., Suzuki, K., Hino, S., Alcantara, M. C., Sato, Y., Haga, H., Matsumoto, K. I., Nakao, M., Shimamura, K., Takeo, T., Nakagata, N., Miyagawa, S., Nishinakamura, R., Adelstein, R. S. & Yamada, G., 1 12 2019, : : Communications Biology. 2, 1, 95.

    研究成果: Article

    公開
  • 1 引用 (Scopus)