• 出典: Scopus
  • Pureの文献数とScopusの被引用数に基づいて算出されます
1989 …2022

年別の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

研究者プロファイル

研究・技術テーマ

錯体モジュールの自己集積による新機能性ナノスケール超分子の設計と合成
pH応答性と生体内受容体への結合活性を有する発光性金属錯体の開発と創薬への展開
光機能性分子、光機能性錯体の開発と疾病診断・治療への応用
立体選択的触媒反応のための不斉金属錯体の設計と合成
がん放射線治療のための新薬剤の設計・合成と作用機序解析

フィンガープリント

Shin Aokiが活動している研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この研究者の研究成果に基づきます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。
  • 1 類似のプロファイル

ネットワーク

国/地域レベルにおける最近の外部共同研究。点をクリックして詳細を開くか、または