• 1 引用
  • 1 h指数
20182019

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

個人プロファイル

研究・技術テーマ

ポーラスコンクリートの品質管理
ポーラスコンクリートの動弾性係数と空隙率関係
超音波法によるポーラスコンクリートの空隙率推定
打音法によるポーラスクリートの空隙率推定

フィンガープリント Ridengaoqier Eが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 1 引用
  • 1 h指数
  • 2 Article
  • Study on estimation of void ratio of porous concrete using ultrasonic wave velocity

    Ridengaoqier, E., Fujiki, R., Hatanaka, S. & Mishima, N., 7 2018, : : Journal of Structural and Construction Engineering. 83, 749, p. 943-951 9 p.

    研究成果: Article

    公開
  • 1 引用 (Scopus)