• 出典: Scopus
  • Pureの文献数とScopusの被引用数に基づいて算出されます
1989 …2021

年別の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

研究者プロファイル

研究・技術テーマ

高速・高精度計測ためのアナログ・ディジタルフィルタの設計
信号・画像処理を用いた傷・異物検出アルゴリズムの開発
ハウリングや音響信号に含まれるノイズ除去システムの開発
E-Learningシステムの開発
脳波解析システムの開発

フィンガープリント

Naoyuki Aikawaが活動している研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この研究者の研究成果に基づきます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。
  • 6 類似のプロファイル

ネットワーク

国レベルでの最近の外部協力。点をクリックして確認してください。
Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。