• 出典: Scopus
  • Pureの文献数とScopusの被引用数に基づいて算出されます
19972021

年別の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

研究者プロファイル

研究・技術テーマ

タンパク質の立体構造を考慮したアライメントアルゴリズム
情報量に基づいた遺伝的差異による分子進化解析
インフルエンザA型ウイルスレセプター結合領域の符号構造と変異予測
遺伝子の符号構造によるがん患者の予後評価
情報尺度に基づく乳がん予後因子の特定

フィンガープリント

Keiko Satoが活動している研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この研究者の研究成果に基づきます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。
  • 1 類似のプロファイル

ネットワーク

国/地域レベルにおける最近の外部共同研究。点をクリックして詳細を開くか、または