Pureの文献数とScopusの被引用数に基づいて算出されます
1996 …2022

年別の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

研究者プロファイル

研究・技術テーマ

固液気境界線(コンタクトライン)近傍流体の動力学
表面張力差(マランゴニ)対流により生起する非線形対流場および流体内粒子の運動
気泡・蒸気泡の界面振動現象および熱輸送問題
高密度除熱に向けた沸騰熱伝達機構の解明
繊維状多孔質体内樹脂含侵および樹脂内粒子堆積過程

フィンガープリント

Ichiro Uenoが活動している研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この研究者の研究成果に基づきます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。
  • 1 類似のプロファイル

ネットワーク

国/地域レベルにおける最近の外部共同研究。点をクリックして詳細を開くか、または