Pureの文献数とScopusの被引用数に基づいて算出されます
1984 …2020

年別の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

研究者プロファイル

研究・技術テーマ

組織適合性抗原依存性自己免疫疾患の発症機構
抗原提示のメカニズム
免疫タンパク質の構造と機能
タンパク質の分泌、分配機構

フィンガープリント

Haruo Kozonoが活動している研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この研究者の研究成果に基づきます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。
  • 1 類似のプロファイル

ネットワーク

国/地域レベルにおける最近の外部共同研究。点をクリックして詳細を開くか、または