Pureの文献数とScopusの被引用数に基づいて算出されます
20172023

年別の研究成果

研究者プロファイル

研究・技術テーマ

外場刺激応答性スピンクロスオーバー錯体の開発
溶媒蒸気曝露による集積構造変換に基づいた協奏的機能開拓
キラルな一次元チャネルに内包された水分子の動的挙動解明
ハロゲン相互作用に基づいた燐光材料開発
分子性無水プロトン伝導体の開発

フィンガープリント

Fumiya Kobayashiが活動している研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この研究者の研究成果に基づきます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。
  • 1 類似のプロファイル

過去5年の共同研究と上位研究分野

国/地域レベルにおける最近の外部共同研究。点をクリックして詳細を開くか、または