• 出典: Scopus
  • Pureの文献数とScopusの被引用数に基づいて算出されます
1988 …2021

年別の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

研究者プロファイル

研究・技術テーマ

128チャンネルロックイン検出による高感度・高速非線形吸収分光
水の巨大な電気光学ポッケルス効果
有機分子J会合体の巨大な電気光学カー効果
干渉計による高感度光熱偏向分光
単一細胞の吸収分光イメージングA(x,y,λ)  緑藻の光水素発生

フィンガープリント

Eiji Tokunagaが活動している研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この研究者の研究成果に基づきます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。
  • 1 類似のプロファイル

ネットワーク

国/地域レベルにおける最近の外部共同研究。点をクリックして詳細を開くか、または