Pureの文献数とScopusの被引用数に基づいて算出されます
1984 …2023

年別の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

研究者プロファイル

研究・技術テーマ

遷移元素イオンの蛍光を用いたガラス材料の構造評価
ガラスの着色・発光を用いた焼成環境センシング
ガラスビーズ焼結体フィルタを用いた細胞の分離・回収
ガラスビーズ焼結体+高分子ゲル複合フィルタを用いた遷移金属イオンの分離・回収
チタニア−吸着材複合ガラス材料の光触媒機能

フィンガープリント

Atsuo Yasumoriが活動している研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この研究者の研究成果に基づきます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。
  • 1 類似のプロファイル

過去5年の共同研究と上位研究分野

国/地域レベルにおける最近の外部共同研究。点をクリックして詳細を開くか、または