Pureの文献数とScopusの被引用数に基づいて算出されます
20002021

年別の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

研究者プロファイル

研究・技術テーマ

分子動力学法を用いた金属中の格子欠陥の研究
転位動力学法を用いた合金強度シミュレータの開発
転位の遮蔽効果を考慮した破壊靭性値の数値解析
複数亀裂の疲労亀裂進展解析
混合モード荷重下における疲労亀裂進展解析

フィンガープリント

Akiyuki Takahashiが活動している研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この研究者の研究成果に基づきます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。
  • 1 類似のプロファイル

ネットワーク

国/地域レベルにおける最近の外部共同研究。点をクリックして詳細を開くか、または